フォント等の使用許諾契約

この「フォント等の使用許諾契約(以下「本契約」といいます)は、楽フォント株式会社(以下「当社」といいます)が管理及び保有するフォント及び当該フォントに関する書体、デザイン及び関連資料(これらを総称して以下「本フォント等」といいます)の使用許諾条件を定めるものです。本フォント等を使用する全てのお客様(個人又は法人のいずれであるかを問いません)に適用されるものとします。お客様は、本契約の内容に全て同意された場合にのみ、本フォント等を使用することができるものとします。

第 1 章 使用条件に関する規定

第 1 条(本契約への同意)
当社は、当社ウェブサイトを通じて本契約に同意の上で本フォント等の購入手続きを完了した時点で、お客様が本契約の内容に全て同意されたものとみなします。

第 2 条(使用許諾)
当社は、お客様が本契約に同意し、遵守している限り、第 3 条(使用許諾期間)に定める使用許諾期間中、本フォント等を使用することを許諾します。

第 3 条(使用許諾期間)
年間ライセンスの場合の使用許諾期間は、本契約に同意した上でライセンス費用の支払いが完了した後 1 年間(365 日)とします。
永久ライセンスの場合の使用許諾期間は、本契約に同意した上でライセンス費用の支払いが完了した後、本契約に違反ない限り期間の定めなく存続するものとします。

第 4 条(支払い)
お客様は、当社ウェブサイトにおいて指定される本フォント等の使用のための料金を、選択するライセンスの種類に応じて、当社ウェブサイトで表示される支払方法に基づき支払うものとします。

第 5 条(使用権の範囲)
1. 本契約によってお客様に許諾される本フォント等の使用範囲は、下表のとおりとします。

一般範囲
印刷
  • 出版物、販促物、物販グッズでの使用
  • 印鑑、スタンプ、表札、看板物、のぼり、ポスター、パネル等での使用
文字の加工
  • 文字を加工や修正等しての使用、他の文字と合成しての使用
  • 文字の画像化、PDFへのフォント埋め込みによる使用(該当するフォントが入っていないコンピューターでもそのまま表示されるようにすることを目的とする使用)
  • ロゴとしての使用(商標登録する場合は別契約)
  • 本フォント等を画像化し、HTMLに埋め込むためのFlashへの使用
ウェブサイト、サーバー
  • ウェブサイトに画像化して表示
  • バナー画像化しての使用
デジタルコンテンツ、電子書籍
  • デジタルコンテンツや電子書籍に画像化して表示
ゲーム全般及び、スマートフォンアプリ
  • ゲーム、スマートフォンアプリ内に画像化して表示
映像広告
  • TVCM、WEBページの動画広告等での使用
  • 番組内のフリップやテロップでの使用
  • プロモーションビデオでの使用

別契約
文字の加工
  • 本フォント等に依拠して類似又は同一のデザインのフォント等を作成すること
  • ロゴとして商標登録する場合
ウェブサイト、サーバー
  • ウェブフォントとして使用
  • 本フォント等をサーバー内で使用
デジタルコンテンツ、電子書籍
  • デジタルコンテンツ内にフォントデータを組み込み
  • 電子ブックリーダー内へのフォントデータの組み込み
ゲーム全般及び、スマートフォンアプリ
  • ゲーム、スマートフォンアプリ内にフォントデータを組み込み
  • ユーザーがコメントやメッセージの入力その他の投稿が可能な箇所での使用

2.前項の表において別契約となっている使用をお客様が希望する場合、別途当社と使用条件等を協議の上で別契約を締結するものとします。
3.本フォント等は、ライセンスを受けた日本国内に住所のあるお客様自身(お客様の社員及び従業員等を含む)による日本国内での使用のみを可能とします。お客様は、本フォント等の使用権を第三者に譲渡、貸与又は再許諾等してはならないものとします。

第 6 条(インストール)
1.本フォント等は、お客様がライセンス購入するときに選択した端末台数分、当社指定ウェブサイトからダウンロードし、インストールすることができるものとし、当該インストールをした端末において使用することが可能です。尚、本フォント等を使用できる端末は、お客様が購入時に登録したハードウェア UUID(Mac OS の場合)又はデバイス ID(Windows OS の場合)情報に紐づく端末のみとなります。
2.お客様は、本フォント等を使用する端末を変更し、登録済みのライセンスを解除することを希望する場合は、当社にその旨を連絡するものとします。当社は、当該連絡を受領後、ライセンス解除方法をお客様に対し通知します。尚、お客様は、当社指定の方法によらずに登録済みのライセンスを解除してはならないものとします。

第 7 条(自己責任の原則)
1.お客様は、全て自らの責任のもとにおいて本フォント等を使用するものとし、お客様の誤操作又は不正操作等により意図しない事態になったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。
2.お客様は、本フォント等の使用を原因として第三者に損害等を与えた場合若しくは第三者との間で紛争等が生じた場合、これらの事態をお客様自らの責任及び費用負担で解決するものとします。尚、当社はこれら損害等に関して、一切の責任を負わないものとします。

第 8 条(登録情報の変更)
1.お客様は、購入時等に入力及び送信等をした情報を含め、本フォント等に関して当社に通知及び届け出た情報につき変更が生じた場合は、当社指定ウェブサイトを通じてお客様で変更を行えるものはお客様が自らの責任において行うものとし、当社による処理等が必要なものについては、直ちに当社へ報告をするものとします。
2.当社は、お客様が情報を変更していないこと及びその他お客様の情報が正しくないことに起因する如何なる損害等について、一切の責任を負うものではありません。

第 9 条(権利の帰属)
1.本フォント等に関する著作権、特許権、商標権等の知的財産権は、当社又は原供給元(本フォント等の制作者等をいい、以下同様)に帰属し、留保されるものとします。尚、本契約に基づくお客様に対する本フォント等の使用許諾は、これらの権利がお客様に移転することを意味するものではないものとします。
2.本契約で明記されていない権利は、全て当社又は原供給元に帰属し留保されるものとします。

第 10 条(禁止事項)
1.お客様は、次のいずれかに該当し、又は該当するおそれのある行為を行ってはなりません。
① 本契約の条項のいずれかに違反する行為。
② 権利保護を目的として本フォント等に予め設定された技術的な制限を解除又は無効化する行為並びにこれらの行為の方法の公開。
③ 当社の著作権、知的財産権又はその他権利を侵害する行為。
④ 本フォント等の使用権限を第三者に譲渡すること若しくは本フォント等の使用権限をリース、レンタル、ローン又は販売等すること。
⑤ 本契約上のお客様の地位又は権利義務を第三者に譲渡し、又は引き受けさせ若しくは名義変更すること。
⑥ 本契約に違反する本フォント等の複製、転記、改編又は第三者への譲渡、貸与、リース、再許諾等当社の権利に損害を及ぼすような一切の行為。
⑦ 本契約の範囲を超えた本フォント等の使用。
⑧ 本フォント等に対しリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アセンブル等をする行為。
⑨ サーバ機能としてのコンピューターにインストールすること。
⑩ 前各号の他、法令、公序良俗に違反する行為並びにその他当社が不適当とみなす行為。
2.当社は、お客様の行為が前項各号いずれかに該当し、又は該当するおそれがあると判断する場合、直ちに禁止行為の防止対応等の当社が適切と判断する措置を講じることができるものとします。また、当社はこれらの措置とともに、又は措置に代えて、お客様に対し禁止行為の差止め、データ削除又は本フォント等の使用中止等の措置を講じるよう要請することができるものとし、お客様はこの場合係る要請に応じるものとします。
3.お客様は、本条に違反したことにより第三者からクレーム又は異議申立て等が発生した場合、お客様自らの責任と費用負担でこれを処理及び解決するものとし、当社は一切の責任を負うものではありません。

第 11 条(返品等)
1.本フォント等は、電子的なプログラムファイルであり、その性質上、当社は本フォント等の返品及び購入料金の返金に一切対応致しません。
2.本フォント等の販売は、クーリングオフが適用される訪問販売、電話勧誘販売及び金融商品取引法第 37 条の 6 並びにその他のクーリングオフ適用商品、販売方法には該当しないため、本フォント等の販売に関してクーリングオフの適用はございません。

第 2 章 運営に関する規定

第 12 条(サポート)
1.当社は、サポートサービスとして、本フォント等の使用に関するお客様からの問い合わせを受け付けます。尚、サポートサービスに関する受付は、電話又は電子メールにて受け付けます。
2.前項のサポートサービスに関する連絡先は、別途当社よりお客様に対し通知します。

第 13 条(業務委託)
1.当社は、本フォント等の開発、運用、改良、障害対応及びメンテナンス等に関する業務について、当社が適当と判断する第三者に委託し、又は業務提携をする場合があります。
2.お客様は、当社が業務委託先又は業務提携先との間で機密情報の保護についての契約を締結した上で、当該業務委託先又は業務提携先が業務を遂行するために必要な範囲で、機密情報及びお客様データを当社が当該業務委託先又は業務提携先に開示する場合があることを予め承諾します。

第 14 条(責任範囲)
1.当社及び原供給元は、お客様による本フォント等の使用又は使用不能から生じるお客様の利益の損失、情報の消失又は障害等による損害及びその他の金銭的な損害を含め、如何なる偶発的、間接的若しくは派生的損害についても、一切責任を負わないものとします。
2.当社及び原供給元の故意の場合を除き、本フォント等の瑕疵等については、損害賠償義務の発生事由にはなり得ないものとし、また当社及び原供給元の責に帰すことのできない事由から生じた損害、当社及び原供給元の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益については責任を負うものではありません。
3.当社及び原供給元は、前各項の他、当社及び原供給元の責に帰すことのできない事由から生じた本フォント等に関するお客様の損害、間接的損害、派生的損害及び逸失利益について、責任を負うものではありません。尚、当社及び原供給元の明らかな責により、法令上損害賠償責任を負う場合であっても、その損害賠償額は、損害発生時までに当社がお客様から受領済みの本フォント等に関する代金相当額を超えないものとします。

第 15 条(免責)
1.当社及び原供給元は、本フォント等の内容及び機能等に関して、技術上又は商業上の完全性、正確性、有用性及び将来の結果等につき一切の保証の責任を負うものではなく、また本フォント等に一切の瑕疵等が発生しないことを保証するものではありません。
2.当社及び原供給元は、あらゆる端末、OS及びウェブブラウザにおいてお客様が本フォント等を良好に使用することができることを保証するものではなく、またそのような保証をするための動作検証及び改良対応等を行う義務を負うものではありません。
3.当社及び原供給元は、その判断に基づき、本フォント等の販売やサポートを終了し、また機能を変更又は廃止等する場合があります。当社は、これらによってお客様に損害等が生じたとしても、一切の責任を負わないものとします。
4.当社及び原供給元は、次の事由によりお客様又はその他第三者に発生した損害等について、債務不履行責任及びその他の法律上の請求原因の如何を問わず、責任を負うものではありません。
① 火災、停電、地震その他天災及び不可抗力や異常電圧等に起因する本フォント等の不具合等。
② コンピューターウィルス対策ソフトによっても検知されなかったウィルスに起因する本フォント等の不具合等。
③ 善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない第三者による不正アクセス又はアタック等に起因する本フォント等の不具合等。
④ お客様側の環境に起因する本フォント等の不具合等。
⑤ 本フォント等とは直接関係しない他のサービス、ソフトウェア、システム、機器類及びハードウェア等に起因する本フォント等の不具合等。
⑥ その他当社及び原供給元の責に帰すべからざる事由に起因する本フォント等の不具合等。
5.当社及び原供給元は、次に規定する措置又は対応を行ったことで、お客様に損害等が発生したとしても、一切の責任を負うものではありません。
① 第 10 条(禁止事項)第 2 項に基づく措置。
② 第 17 条(契約解除)に基づく本契約の解除。

第 3 章 契約の期間及び終了に関する規定

第 16 条(契約期間)
本契約は、中途解約され、又は第 17 条(契約解除)により解除される場合を除き、第 3 条(使用許諾期間)に定める使用許諾期間中、有効に存続します。

第 17 条(契約解除)
1. 当社は、お客様が本契約に違反した場合、直ちに本契約の一部又は全部を解除することができるものとします。
2. 当社は、お客様が次のいずれかに該当したときは、お客様に対し何らの催告をすることなく直ちに本契約の一部又は全部を解除することができるものとします。
① お客様が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下「暴対法」といいます)第 2 条第 6 号に規定する暴力団員をいい、以下同じ)であると認められるとき若しくは過去に暴力団であったと認められるとき。
② 暴力団(暴対法第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいい、以下同じ)又は暴力団員が本ソフトウェアの使用につき実質的に関与していると認められるとき。
③ お客様が、自己若しくは第三者の不正な利益を図り、又は第三者に損害を与える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用していると認められるとき。
④ お客様が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を提供し、又は便宜を供与するなど直接的若しくは積極的に暴力団の維持・運営に協力し、又は関与していると認められるとき。
⑤ お客様が、暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認められるとき。

第 18 条(契約終了による措置)
お客様は、理由の如何を問わず本契約が終了した場合、本フォント等を使用する権利を喪失するものとし、インストールされた本フォント等の使用を停止し、削除しなければなりません。また、当社が要請する場合は、削除を証する書面を提出するものとします。

第 4 章 一般条項

第 19 条(お客様の損害賠償義務)
お客様は、本フォント等の使用に関して、お客様が本契約に違反し、若しくはお客様の責に帰すべき事由により当社に損害等が発生した場合、お客様自身の責任と負担により当該損害等を賠償するものとします。

第 20 条(契約内容の変更)
当社は、当社の判断に基づき、本契約の内容を変更することができるものとします。その場合、当社は変更後の契約内容をお客様に対して通知します。お客様は、変更後の契約内容に同意できない場合は、本フォント等の使用を中止するものとします。

第 21 条(協議解決)
当社及びお客様は、本契約の条項を誠実に履行し、本契約に規定のない事項又は解釈に疑義が生じた事項については、信義誠実の原則に基づき協議を行って解決を図るものとします。

第 22 条(準拠法及び合意管轄)
本契約の準拠法は日本法とし、本契約から生じる一切の紛争については、紛争の目的価額に応じて当社の本店所在地を管轄する東京簡易裁判所、もしくは東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第 23 条(存続条項)
本契約が終了した後も尚、第 9 条(権利の帰属)、第 10 条(禁止事項)、第 11 条(返品等)、第 13 条 (業務委託)第 2 項、第 14 条(責任範囲)、第 15 条(免責)、第 18 条(契約終了による措置)、第 19 条 (お客様の損害賠償義務)、第 22 条(準拠法及び合意管轄)並びに本条の規定については、それぞれの規定の趣旨に従い、引き続き効力を有するものとします。


以上

20200520